ローン完済前に売却する場合、一戸建ての方がマンションより有利って本当?

中古にしろ新築にしろ、一戸建てにしろマンションにしろ、購入時にほとんどの人は住宅ローンを組むんじゃないかと思います。中には現金一括!なんて富豪もいるかもしれませんが、だいたいの人は35年ローンを組んで物件を購入するのではないでしょうか。

長い長い一生モノの住宅ローンを組んで住み始めたものの、何らかの事情でその物件を手放さないといけないことになった場合、どうなるのでしょうか?単純に売却額から住宅ローンの残金を引いた額が手元に残ることになります。手元に残ればまだマシですが、売却してもローンだけ残ってしまうなんてことも往々にしておこります。できることならば、住宅ローンの残額分くらいの価格で売却したいものです。

住宅ローン完済前に物件を売却するようなことになった場合、一戸建ての方がマンションよりも有利になることが多いそうなのですが、はたしてどういうことなのでしょうか?

一般的に物件の価格というのは、建物の価格+土地の価格の合算なわけですが、建物の価値というのは年月が過ぎれば過ぎる程、下がっていくものです。特に建物部分のウェイトが大きいマンションは年数を過ぎれば過ぎるほど一戸建てよりも資産価値は目減りしていきます。最終的に建物の価値がゼロになってしまえば、物件の価値も限りなく小さいものになります。

一方、一戸建て物件の方も同じように建物の価値というのは年数を経ていけば下がっていきます。しかし一戸建ての場合は土地部分の価値が大きいので、マンションに比べると資産価値は維持できます。

それでは、土地の価値は減らないのか?下記が全国平均の坪単価の推移になります。

データ参照元

図を見てわかる通り、この15年くらいは価格の変動がほとんどありません。ということは、土地部分の資産価値は下がらないので、購入時の価格と売却時の価格の差が小さいということになります。マンションは土地部分の資産ボリュームが少なく、周辺の同様の物件との競争も激しいので価格が下がってしまう要因が多い。

というわけで「住宅ローン完済前に物件を売却するようなことになった場合、一戸建ての方がマンションよりも有利になることが多い」と言えるんじゃないでしょうかね。しかし、1990年前後のバブル期って凄いんですね笑。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク