仲介手数料

中古一戸建ての購入をする際は、ほぼ全ての人が不動産業者に仲介を依頼すると思いますが、物件の取引が成立した際の成功報酬が「仲介手数料」です。

仲介手数料は、取引が有効に成立した時に、成約価格の3%+60,000円を上限として仲介業者が買主に請求することができます。※案件によっては、不動産業者は売主からも手数料をもらえる場合があります。

この謎の「60,000円」ですが、なぜこのような感じになっているかというと、取引金額によって仲介手数料が異なることが理由となっています。

取引金額が、
200万円以下の部分→仲介手数料は5%以内
200万円〜400万円の部分→仲介手数料は4%以内
400万円を超える部分→仲介手数料は3%以内

と定められているのですが、これを3,000万円の物件を例にすると、

200万円以下の部分→200万円×5%=10万円
200万円から400万円の部分→200万円×4%=8万円
400万円を超える部分(残り2,600万円相当)→2,600万円×3%=78万円

よって、仲介手数料の合計は96万円になります。
これを「成約価格の3%+60,000円」という簡易計算法に当てはめると、

3,000万円×3%+60,000円=96万円

となり、段階でそれぞれ計算した額と同じになります。この400万円までの取引金額の計算が「+60,000円」の謎の秘密です。

この60,000円は、

200万円以下の部分 5%−3%=2% → 200万円×2%=4万円
200万円から400万円の部分 4%−3%=1% → 200万円×1%=2万円
4万円+2万円=6万円!

で計算することができます。簡単なようでややこしいですね笑。

ほとんどの中古一戸建て物件は400万円以上だと思いますので、簡易計算法で仲介手数料を計算すればよいと思います。ちなみに、算出した額に消費税を加えた額が正式な仲介手数料になります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク