建ぺい率

建ぺい率とは、購入した土地にどれくらいの比率で建物を建てられるかという指標です。住宅地であれば建ぺい率は30%〜80%の物件が多い。

例えば、建ぺい率50%の物件であれば、土地が50平米だとしたら、25平米まで建物として利用できるということになります。半分の土地は建物を建てられません。日照権や火災予防などの観点から年々建ぺい率は低くなっています。

子供の頃に住んでいた家を思い返すと、隣の家とピッタリくっついていた気がします。今では建ぺい率の関係でそういう作りはできないでしょう。その家が古くなってしまい、建て替えしようとした際は、現在の建ぺい率に従わなければならないので、以前よりも小さな面積で建物を建てないといけなくなったりします。そういった場合は、建て替えではなく、リフォームの方が良いです。

中古物件、特に古い物件の場合は現在の建ぺい率基準をオーバーしてるケースもあるので、気をつけたいところ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク