計画道路

計画道路とは、市街地環境の整備(都市計画)と一体になって整備される道路のことで、自動車専用道路、幹線街路、区画街路、特殊街路、駅前広場の5種類があります。

ようするに、今ある道路を拡張したり、新たに道路を作ったりする可能性のある場合には、物件の情報に「計画道路あり」などと書かれ、その「計画」が実行された場合には立ち退かなければならなかったりします。計画は実行されないままで終わる場合もありますが、中古一戸建てを購入したとたんに計画が実行されたりしたら大変ですので、あらかじめ「計画道路あり」の物件には手を出さないようにした方が賢明かもしれません。

計画道路が作られることが決まった場合は、その計画上にある土地は買い取ってもらえますが、スムーズに立ち退けるように、建物の大きさや構造に制限が設けられています。

また、近隣に計画道路がある場合は、周辺環境が激変する可能性もあるので注意。僕が今住んでいるとこも近くで計画道路の建設が実際に始まってしまい、あちこちで立ち退きが実行され、景色が一変しました。道路が完成したらさらに環境は変わってしまうんだろうなぁ…。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク