木造在来工法

木造在来工法とは、別名「木造軸組構法」とも言い、建築構造の一つで、日本古来より発展してきた建築工法で、木材を柱や梁を軸として組み立て、建物を支えるものである。日本における多くの一戸建てはこの木造在来工法で建てられています。

木造在来工法は複雑な形状の土地に合わせて建物を建てることができ、土地の少ない日本ならではの工法とも言えます。リフォームによる間取り変更などにも柔軟に対応できるなどがメリットと言えます。一方で、高い技術が必要な工法のため、施工業者によって仕上がりにバラつきがでたりするのがデメリット。

おそらく中古で一戸建てを購入する場合、多くはこの木造在来工法で建てられた物件になると思うので、特に細部の構造上のチェックなどをしたいところ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク