瑕疵物件

瑕疵物件とは、別の言い方をすると「訳あり物件」のこと。「瑕疵(かし)」とはキズのことであり、瑕疵物件とはちょっと難のある物件のことを指す。

瑕疵物件は具体的に4つに分類される。

1.物理的瑕疵物件
2.法的瑕疵物件
3.環境的瑕疵物件
4.心理的瑕疵物件

1.物理的瑕疵物件

物理的瑕疵物件とは、建物の構造上に欠陥のある物件のことで、雨漏りであったり、シロアリによって被害を受けてたり、そういった類の「訳あり物件」を物理的瑕疵物件と言います。また、極端に立地の悪い物件なども物理的瑕疵物件に含まれます。

2.法的瑕疵物件

法的瑕疵物件とは、文字通り、法令的に問題のある物件のこと。耐震基準不適格の古い物件や、建ぺい率容積率オーバーの物件などを指します。また、都市計画にひっかかるような物件なども含まれます。

3.環境的瑕疵物件

環境的瑕疵物件とは、その物件の周辺環境に問題がある物件のことを指します。物件自体には問題は無いものの、周辺に嫌悪施設があったり、いわゆるゴミ屋敷があったり、騒音、悪臭などなど、周辺環境に難のある物件が環境的瑕疵物件です。

4.心理的瑕疵物件

心理的瑕疵物件とは、いわゆる「事故物件」のこと。事故物件サイトなどもよく知られていますが、ようするにその物件で事故死や自殺、他殺などがあったような物件。最近では孤独死も増えており、孤独死理由の心理的瑕疵物件が今後は増えていきそうです。

これらの瑕疵物件においては、不動産業者があらかじめ購入希望者に対して告知しなければいけません(告知義務)。「重要事項説明書」や「売買契約書」などに告知内容を記載しなければいけません。宅建業法にも定められていますが、わかりにくい心理的瑕疵物件などは告知を回避する術もあり、完全に告知させるか難しいところもあります。そもそもどれくらいの期間を遡って告知するのかは定められていないですし…。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク