重要事項説明

重要事項説明とは、不動産購入を安全に進めるために取引に関しての重要な事項を宅地建物取引士が買主に説明すること。

購入者が取引する物件のことや、取引条件など重要な事項を確認し、納得した上で購入契約をしなければなりません。そのため、宅地建物取引業法にも「宅地建物取引士が、重要な条項について、書面を交付し、口頭で説明すること」と明記されています。

ようは、重要事項説明とは、契約までに所定の書面(重要事項説明書)を交付し、宅地建物取引士が口頭で買主に説明することを指し、その目的としては、買主が契約等に関して理解、納得して契約してもらうためになります。

重要事項説明をする際は、宅地建物取引士は、顔写真入りの証明書である「宅地建物取引士証」を買主(説明を受ける人)に提示することが義務付けられています。重要事項説明を受ける際に、証明書を提示されなかったら、提示してもらいましょう。もしかしたら取引士以外の人に説明を受けているかもしれません(そんな事象は無いかもしれませんが)。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク