耐震基準

耐震基準とは、地震に対してどれくらいの強度を持つのか?を定めた基準のことであり、現在の「新耐震基準」1981年に施行されたものになります。そのため、1981年以前の基準を「旧耐震基準」、それ以降のものを「新耐震基準」と呼んでいます。

耐震基準は大きな地震が起きるたびに見直されてきた歴史があります。日本は世界的にみても地震が非常に多い国なので、耐震基準は厳格に作られています。しかし、近年の耐震強度偽装問題や東日本大震災における建物の倒壊などの事象から、改めて「現在の耐震基準は十分なものなのか?」と議論が起きています。

基本的には「震度6強の地震に耐えられる」基準で新耐震基準以降の建物は建てられています。耐震基準は定期的にアップデートされており、基礎の寸法や金具についての規定や、構造基準の厳格化などが1981年以降に追加されています。

中古一戸建て物件を購入する際は、新耐震基準で建てられた建物なのかどうか?が重要になってきます。すなわち、1981年以降に建てられたかどうか。ただ建築許可がおりたあと、建てるための時間がありますので、築が1981年であっても、旧耐震の建物というケースもあります。気をつけましょう。

バブル期には住宅需要が高まり、低いスキルの職人も多く携わったと言われており、そのために欠陥住宅が他の時期よりも多いとも言われているので、あわせて注意したいポイントです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク