定期借地権付き住宅

物件情報を見ていると、土地権利の項目に「借地権」と記載されているようなものがあります。借地権と一般的に言われますが、借地権は3つに分けることができます。旧借地権、普通借地権、そして定期借地権です。

定期借地権付き住宅とは、借地権の中の「定期借地権」が付いた住宅のことです。定期借地権は、借地契約に更新が無く、期間が終了したら地主に返さないといけません。一戸建て物件では「借地権設定期限が50年以上で、期間終了後に建物を壊して更地にして返還する」という一般定期借地権の場合が多くみられます。

定期借地権だけでなく、借地権付きの物件すべてで気をつけないといけないことですが、借地権の内容はいろいろあるので、契約前に細かくチェックしないと大変なことになりがち。

また「定期借地権付き中古住宅」というのは、売りに出されるときに「50年の借地権」を付けてるわけでなく、その住宅を新築で建てた際に定期借地権で建てられたものが多く、中古で購入時に「あと何年借地権が残っているのか」は最重要チェック項目となります。もし借地権の残り期間が数年しかなかったら、数年で立ち退かないといけません。

借地権付きの物件は所有権の物件よりも割安で、不動産取得税や固定資産税、都市計画税もかからないのがメリットではありますが、その分、気をつけないといけないポイントも多いと言えます。とは言え、賢く選べば、割安でマイホームに住むことができますし、借地期間の残りが長ければ、実質購入したことと変わらなかったりもしますので、検討の余地はありますね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク