共有名義

共有名義とは、住宅を夫婦共有名義で購入するこであり、出した金額の比率に応じて持分が決まります。

夫婦共有名義になるケースとしては、夫婦の収入を合算した金額で住宅ローンの融資を受けた場合や、妻の独身時代の貯金を頭金として支払ったような場合に適用されます。夫、妻が逆の場合も然り。

ただ、夫婦共働きで「収入合算」で申請しても住宅ローンが降りない場合もあるようです。それでも夫婦共有名義にしたい場合は、一旦夫がローンを組んだ後に、夫が妻に資金を融資した形にする方法があります。その場合は妻は夫に毎月返済した体を取らないといけません。例を出すと、返済の証拠として通帳を記入するとか。

妻に収入が無く、貯金も無い場合は、妻との共有名義にするのは難しいでしょう。半分の所有権を持ってもらいたい場合は「贈与税」がかかってしまいます。そうすれば共有名義にならないこともないです。

夫婦共有名義のメリットとして「住宅ローン控除をダブルで受けることができる」とよく書かれていますが、注意しなきゃいけないポイントです。夫婦がそれぞれ住宅ローンを組めば、それぞれで住宅ローン控除を受けることができますが、ローン手数料がそれぞれかかってしまうので、必ずしもお得ではない場合があります。夫婦が「連帯債務者」として一つの住宅ローンを組むと手数料は一本化でき、それぞれ住宅ローン控除を受けることができます。※「連帯債務者」と「連帯保証人」は異なるので注意。

ちなみに連帯債務者は片方が志望した場合などに自分の債務は残ってしまいます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク