再建築不可物件

再建築不可物件とは、建て替えや増築ができない中古物件のことを言います。

安くて良さそうな物件を見つけたと喜んだのもつかの間、「再建築不可」と書かれていたら基本的にはやめた方が賢明。住宅が古くなって建て替えをしようとしても、再建築不可物件だとNGです。今ある建物に住み続けないといけません。また購入時には住宅ローン審査がおりにくく、売却時には価格をグッと抑えられてしまいます。

では再建築不可物件とはどういう物件のことを指すのか?主な理由は、「接道義務」が関係しています。幅4m以上の道路に2m以上接した土地でないと接道義務違反なんです。家を解体して、新たに建て替える場合は、現在の建築基準法が適用されるので、そうなると接道義務違反なのでこの土地には建物を建ててはいけないってことになります。いわゆる「旗竿地」のような土地にある建物というのは基本的に「再建築不可」物件が多い。

価格の安さに惹かれてすぐに購入する前に「再建築不可」かどうか必ず確認しましょうね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク