不動産登記簿

不動産登記簿(登記記録)とは、物件の物理的な現況および権利について記録されたもので、法務局等で閲覧したり、謄本や抄本(登記事項証明書)を取得することができます。

不動産登記簿には、土地登記簿と建物登記簿に分かれています。各不動産登記簿には「表題部」「甲区」「乙区」に分かれています。表示に関する登記が「表題部」で、権利に関する登記が「甲区」「乙区」になります。

表題部には、不動産番号、住所、面積などが、甲区には権利者の名前や住所が書かれており、乙区には所有権以外の権利(抵当権など)が書かれています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク