セットバック

セットバックとは、敷地に面している道路の幅が4m未満であった場合、その道路の中心戦から2m後退した線が道路の境界線とみなされることを言います。

敷地に入り込んで道路の境界線が設置された場合、その部分の敷地には建物を建てることができません。セットバック部分は建ぺい率容積率を算定する「敷地面積」には含めることができないので、購入した敷地が小さい場合は大きな問題になるケースがありますので、事前に必ず確認しておきましょう。

ただし既に建てられている建物に関して何らかの問題が生じるわけではなく、あくまで新築物件をその土地に建てたり、建て替えたりする場合に関係してくる事項ですので、中古物件をそのまま使う方はそこまで過剰に考えなくてもいいかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク