瑕疵担保責任

購入した物件に「隠れた瑕疵」があった場合の売主の責任のことを瑕疵担保責任と言います。

瑕疵についてはいくつかの種類がありますが、事前に物件告知書などで報告されていた場合や、明らかにわかっていた瑕疵、文書に残っているわけではないものの知っていた瑕疵などは「隠れた瑕疵」には該当しません。万が一物件購入後に瑕疵担保責任を問うような状況に陥ってしまうことを考えて、あらかじめ物件告知書などで詳細に明記しておきたいものです。

隠れた瑕疵が見つかった場合には、買主は売主に対して損害賠償や契約の解除を主張することができます。隠れた瑕疵が見つかった場合は、物件を仲介した宅地建物取引業者にその旨を伝え、速やかな確認をしてもらいましょう。また売主負担で瑕疵の箇所を修復、修繕してもらうように請求することができます。

上記手続きで売主が瑕疵を認め、修復を認めると、それ以上の損害賠償請求や契約解除を主張することができなくなりますので注意。

瑕疵担保責任については、その責任期間が各種法律で取り決められています。例えば、民法では「買主が隠れた事実を知ってから1年以内」に責任請求をしないといけないとあります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク